教習所の寮や近隣の宿泊施設に泊まり、合宿免許は約2週間程度の短い間に集中して教習を受講することで短期間に免許が取得できるプランです。合宿免許の料金は教習費用の他に宿泊費や食費なども全て含まれていて、通学教習で教習所に支払う料金と同じか安価です。合宿免許は旅行プランとして扱われるため、旅行会社や大学生協のサービスカウンターなどで申込手続きを行います。学校の入校というよりもパック旅行という側面が強いので、繁忙期と閑散期ではプラン料金に大きな差が生じます。入校時期や申込手続きを行うタイミングを合わせれば、同一の内容(宿泊施設の部屋タイプや教習コース)であっても割引料金で利用することができます。閑散期を選ぶことで、かなり安く免許が取得できるのです。

合宿免許の繁忙期と閑散期の料金の違い

安くて短期間に免許が取得できる合宿免許は学生に大人気です。自宅から通う訳ではないので近隣の教習所を選ぶ必要ありません。離れた場所の教習所も利用できるので全国的に合宿プランの料金は似通っていて、場所が違っても同じ内容のプランであれば料金に大きな差はありません。全国的に合宿免許は学校の授業が休みの時期(夏休み、冬休み、春休み)の時期が繁忙期となり、授業や定期試験の時期には利用者が少なくなる傾向にあります。同一の教習所・サービス内容であっても、繁忙期と閑散期ではプラン料金に10万円もの差が生じるケースもあるのです。特に夏休みと春休みの人気が高いのでプランの料金が高額になりますし、予約が取りにくくなります。繁忙期は希望する教習所や部屋タイプを選べない場合もあります。逆に閑散期であれば基本プラン料金が安いだけでなく、一番安い相部屋プランでも1人で部屋を専有することができる場合もあります。

合宿免許で一番お得なのは春休み前の2月

合宿免許は学校の授業が休みの期間中に混雑します。逆に、それ以外の時期は空いています。合宿免許の閑散期は5~6月、10~12月初旬、1月後半から2月末です。閑散期の中でも特に空いているのが2月です。閑散期に合宿免許を利用する人は社会人が中心ですが、3月は企業であれば決算期ですし、公的機関であれば予算の締切となります。自営業者の人は確定申告の時期で忙しくなります。それに加えて日数が少ないので2月は仕事が特に忙しい時期にあたり、社会人であっても合宿免許を利用する人が少なくなるのです。2月は学校の入学試験や定期試験の時期にあたり、卒業生で休みの学生も入学手続きなどで忙しくなる時期です。このような事情ゆえ、合宿免許は春休みに混雑する直前の2月が一番安くなるのです。2月に合宿免許を安く利用するためには入校の2ヶ月以上前の年末までに手続きを済ませて、早期割引を上手に活用するようにしましょう。

免許を取るなら、格安でさらに短期取得が可能な合宿免許がおすすめです!最短14日間で卒業! オフシーズンには17万円台の格安プランもご用意! 4月~7月、10月~1月の中旬の期間は格安キャンペーンの教習所が多数ございます! お友達をご紹介頂いた場合、1名につき2,000円分のクオカードをプレゼント!友達も3,000円引き! 2月の合宿免許探しは当サイトへ